So-net無料ブログ作成
検索選択

声の原料は・・・? [ミュージカル]

前回の更新から1週間以上経ってしまいました。先を楽しみにしていた方、ごめんなさい!
もちろん忙しかった事もあるのですが、こう言うパブリックな場で情報を書くのは、結構、神経を使います。間違った事を書くと、皆さんにも間違った知識が植え付けられてしまいますものね。

さて、今日からいよいよ技術的な解説に入ります。その最初は「呼吸」についてです。

そこで質問。今回のテーマでもある、声の原料って何でしょう?

・・・・・

分かりましたか?

今まで多くの方にこの質問をしましたが、様々な答えが返ってきました。「のど」「感情」「気持ち」etc.  一番多い答えが「空気」です。確かに広い意味では正解です。もっと正確に言うと「息」です。もっと厳密に言うと「呼気」(吐く息)です。まあここでは「息」としておきましょう。

 そのシステムは後ほど詳しく解説するとして、多くの方が誤解している点について指摘したいと思います。

先ず、例え話からです。
あるところにケーキ屋さんがありました。「今日は天気もいいから、頑張って80個ケーキを売ろう!」と思って、一生懸命に80個のケーキを作りました。ところが、残念ながらその日は20個しか売れませんでした。

 さて、あなたは残ったケーキをどうするでしょう?さすがに生ものですから、翌日売るというわけには行きません。最近は賞味期限や消費期限も厳しいですからね。そこで、生徒達に聞くと「家族みんなで食べる」と言う答えがあります。でも、60個ものケーキを食べられるでしょうか?多分、無理です。また、「近所に配る」と言う答えもあります。でも、近所に配ったら、お金を出して買った人は怒るでしょうし、もらった人はしばらくケーキを買わないかもしれません。

 ではどうするか?正解は『捨てる』です。大変もったいないけれど、翌日からの商売と衛生上の観点から、『捨てる』しかないのです。

 さて、お店のショウケースが空になったので、また翌日、ケーキ屋さんは頑張って80個のケーキを作りました。しかし、その日も20個しか売れませんでした。そこでまた捨てて、また作って・・・。

 これで商売は成り立つと思いますか?とても効率が悪いですね。

これは何の例えかというと、息を吸う量です。

前回も取り上げた「レ・ミゼラブル」の“オン・マイ・オウン”で考えると、リフレインの最初に出てくるフレーズは『一人』です。四分音符にして、たったの2拍しかありません。なので、ブレスも2拍分で足りるはずです。2コーラス終わって転調した直後も『知ってる』で、同様に2拍です。それなのに、私が聞いた多くの例では、次のフレーズの長さに関係なく、めいっぱいブレスをしています。そして、息がたくさんあると次のブレスができないので、一旦息を吐いてから、まためいっぱいブレスをします。そして余ったらまた吐いて、そしてめいっぱい吸う。この繰り返しです。

どうですか?無駄な努力をしているケーキ屋さんとそっくりではありませんか?

 このように、次のフレーズの長さに関係なく、毎回ブレスをめいっぱい吸う事は、非常によく見られます。何故そんな効率の悪い事をするのでしょうか?

 多分、答えは二つです。

 一つ目は、歌の教師がよく言う「息を深く吸って」「お腹に息をためて」などの言葉で、たいていの人は息を深く沢山吸わなくてはいけないと思い込んでいるのです。

 二つ目は、息を沢山、しかも苦しくなるほど吸うと「歌う用意ができた」と感じて、安心するのです。

 近くのコンビニにペットボトルのお茶を買いに行くとき、何万円も持って行くでしょうか?多分、百円玉2枚とか、他に買いたいものができたときのために千円札を持って行くとか・・・、そんなものでしょう。ブレスも同じで、次のフレーズが短ければ、ちょっとの量、ほどほどの長さなら、ほどほどのブレスをすれば十分です。もし、次がかなり長いフレーズなら、慎重に準備してブレスすればいいのです。

 みなさんは、次の事を考えてブレスをしていますか?有名な言葉に『ご利用は計画的に!』ってのがあるじゃないですか!!!ブレスの量も、ちゃんと次を考えて計画的にしましょう。

 さて、今日はもう一つ例え話を書きます。

前の話はケーキ屋さんでしたが、今度は「焼き肉屋さん」です。

 その焼き肉屋さんは、毎日の開店時刻が午後5時です。さあ、今日も5時になりました。早速お客さんが来ました。「いや~、今日は開店早々、調子がいいぞ~!」とご主人は嬉しそうです。ところが、冷蔵庫を開けてみると、肝心のお肉が品切れです。あわてて肉屋さんに注文します。ところが、何時も仕入れているお肉屋さんは「悪いけど、今日は忙しいから時間がかかるよ~」なんて言ってます。今日はお客さんが多いと思って、何時もより余分に注文したお肉が届いたのは、結局、閉店間際の午後11時でした。お客さんは沢山来たものの、お肉がないのでみんな怒って帰ってしまいました。残ったのは大量のお肉と、悪い評判だけでした・・・。

 こんな馬鹿な商売をする人はいませんよね!

 でも、歌ではこんな馬鹿な事をする人がいっぱいいます。

 と言うのは、息を吸うという行為は「筋肉を使う」事です。このことは次回以降、詳しく解説します。とにかく、筋肉を動かして息を吸っています。そこで、筋肉が動くための手続きを考えます。

 筋肉には「横紋筋(骨格筋)」「平滑筋」「心筋」の3種類があります。「平滑筋」「心筋」は自分の意志とは関係なく動きますので、ここでは、自分が自由に動かせる「横紋筋」について話をします。

 例えば(例え話ばかりで恐縮です)、あなたが自動車を運転しているとします。走っているときに突然、人が車の前に出てきました。ほとんどの人はとっさにブレーキを踏みます。(もしブレーキを踏まない人がいたら、多分、犯罪行為です)

 その時に、先ず、目で相手の人を見ます。次に、その電気信号が脳に伝わり、「ブレーキを踏め!」と足の筋肉に命令します。その命令が神経を伝わって足の筋肉を動かします。ここではブレーキが利き始めてから停止するまでの時間を無視しますが、それにしても、足の筋肉が動くまでに身体は複雑な処理をしています。相手の人を発見してから、実際に足の筋肉が動くまでに0.何秒かの時間が必要です。

 私は、人の多いところや危険なところでは、予測して注意深く運転しています。他の車が道路脇に停車していたら、隠れている人がいないかどうか、必ず車体の下から人の足が見えないか確認しています。そうやって「予測」することで、行動を速くできるようにしています。

 さて、歌っているときにブレスが間に合わなかった経験のある人はたくさんいるでしょう。あなたもそうですか?

 なぜ間に合わないか?理由は簡単です。

 譜面に四分休符があったとします。そこでブレスをしなくてはいけません。ところが、拍子が4/4でテンポ120だとすると、1分間に120拍刻まれるので、四分音符の長さが0.5秒となります。60秒÷120拍=0.5で、1拍あたり0.5秒の速さで進んでいます。と言う事は、ブレスするタイミングでブレスの事を考えたら、実際にブレスが始まった頃には休符の大半が経過している事になります。四分休符分のお休みにブレスをできるはずが、実際にはその半分以下しかブレスのための隙間がない、と言う事になります。

1分間に120拍の速さは、およそマーチ(行進曲)の速さです。また、スイングジャズなどもほとんどこの速さです。決して速いテンポではありませんが、それでもブレスは十分にできません。「サウンド・オブ・ミュージック」の“私のお気に入り(My Favorite Things)”は3/4拍子で、テンポはおよそ1分間に四分音符が200~220拍くらいです。つまり、1拍あたりの長さは0.3秒以下です。

この曲では4小節ごとに、かなり丁寧にブレスのための休符が用意されています。マリアと一緒に子供達が歌うので、リチャード・ロジャース(作曲家)が気を遣ったのかもしれません。しかし、ブレスのための時間がたったの0.3秒未満ですから、ブレスの時にブレスの事を考えたら、ブレスが間に合わない事は確実です。

ではどうすればいいのか?ブレーキと同じで、ブレスのタイミングが来る前に、予測して準備しておけばいいのです。そうする事によって、ブレスのための隙間を有効に使う事ができます。ビデオやMD、CDなどを再生するとき、ポーズボタン(一時停止)を押しておいてから解除すると、すぐに動き始めます。それと同じで、筋肉に命令を出しておいて、そのタイミングが来たらすぐにブレスできるようにしておくのです。

さて、みなさんはブレスを事前に意識していますか?それともブレスのタイミングが来たら慌ててブレスしていますか?

ちなみに、私はテンポがゆっくりの曲だと2拍以上前、速い曲だと2小節ほど前にブレスの用意を始めています。だって、『ご利用は計画的に!』って言うでしょ!!!

さて、次回はいよいよ皆さんが知りたい「腹式呼吸」の真実です。2週に3回くらいのペースですが、焦らずに待っていて下さいね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。