So-net無料ブログ作成
検索選択

歌の表現力 テクニック解説 3 [ミュージカル]

もう1回、曲の中で音量変化を使う例を挙げてみますね。

全ての曲で何らかの音量変化は起きますが、
変化した場合としない場合を、あえて比較してみました。

1.コーラス・ラインから「愛した日々に悔いはない」サビの部分
2.サウンド・オブ・ミュージックから「サウンド・オブ・ミュージック」
  1コーラス目の終わりからリピートするところ

2.の「音量変化なし」では音型が上行している分のクレシェンドは多少しています。

音量変化をほとんどしないと、すごく無機質な感じがしますよね。
皆さんはどう歌っていますか?

ご自分で歌った曲を録音して、この視点で聞いてみるといいですね。

お問い合わせ、レッスン、体験レッスンはatn@atn-jp.com にお願いします。
HPは http://atn-jp.com です。

なお、今回は音量がちょっぴり小さめかも知れません




5月27日(木) 動画の音声部分を遅い回線でご覧の方のためにmp3ファイルでアップしました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。