So-net無料ブログ作成

ちょっと横道にそれて・・・ [ミュージカル]

音量変化を詳しく解説しましたが、
この問題はどこまででも掘り下げていけますので、
皆さん、是非チャレンジしてみて下さい。

普通に会話してる時だって、相手との距離や、
その時の気持ちによって、相手との関係によって、
様々な要素で声の大きさが変わりますよね

「ところがさ」と強調して「実はね~」と大切なことを小声で言う。
そんな事もしょっちゅうありますね


さて、音量変化についての解説が一段落しましたので、
ちょこっと話題を変えます。(次回から本題に戻りますが・・・)

一人で歌の練習をするのはなかなか大変ですよね

家が密集してるとか、アパートやマンションで声を出せないとか、
ピアノやキーボードがない、あっても伴奏してくれる人がいない

ピアノを弾ける人でも、自分で伴奏しながらだと、上手く歌えませんね

そこで、CDやDVD、YouTubeなどを流して練習している人はいませんか?

恐らくたくさんの方がそうやって歌っていると思いますが、
これは最もいけない方法だと思うんです


何故かと言うと、次回からの話題、「テンポの変化」を、
音ネタ通りに真似する事になりますね。
本来なら、何かを変化させる時は必ず理由があるものです。
でも、音ネタと一緒に歌うと、全く同じく歌わなければいけなくなります

また、人によっては大きく崩している(崩れている)場合がありますが、
それもまた、その通りに覚えてしまいます。
音符に対する歌詞の入れ方(譜割り、と言います)も、同じくなっちゃいますね。


オーディションで審査する立場になると、
有名な曲を発売されているCDと、ホントにそっくり歌う人が大勢います。
その音ネタが間違えている部分まで全く同じく間違えていて、笑えます

そう言った人は、恐らく譜面も見ずに聞き覚えをしているのでしょう。



誰かの真似をしても、その人を超える事は出来ません。
また、同じく歌える人が二人必要な訳ではありません。


実のところ、「真似」はプロのスタッフの評価は低いんです

発売されているCDやDVDなどは『正解』と思われがちですが、
どれほど上手に歌えている人でも、それはサンプルの一つにしか過ぎません。

いつでも『理由』や『裏付け』を考えて欲しいものです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。