So-net無料ブログ作成

やっと新しい解説を始めます [ミュージカル]

少々時間が空いてしまいましたが、「表現とは」について、
新しい解説をスタートさせたいと思います

何故時間が経ったのかをちょっとだけ言い訳しますと、
今日から『テンポの変化による表現』を解説するのですが、
そこではたと考えが行き詰まってしまいました

どうしてかというと、自分は特に考えることなくあらゆる変化を付けられます。
テンポも自由自在に変える事が出来ます。
それによって感情が表現される事も知っています。

でも、何のためにテンポを変えるのか・・・、を皆さんに説明する根拠がありませんでした。

そこで1週間、ずっと考え続けました。


ここから本題です
めんどくさがらずに読んで下さいね

音量を変化させると感情表現の変化につながる事は大体ご説明しました。

では、何故テンポを変えると感情表現につながるのでしょう?

音楽、ダンス、演劇などミュージカルに関わるたぐいの芸術は、
全て『時間芸術』と言う事が出来ます。
つまり時間の流れの中で成立する芸術だという事です。

これに対して、絵画や彫刻、建造物などは『空間芸術』です。
時間の経過がなくても表現できるからです。

屋外の彫刻などは、時間の変化や季節の変化などで
見え方が変わる事を意図して製作されたものもありますので、
それは『時間芸術』の側面もあるでしょう。

でも、常に一定の照明や温度、湿度、同じ空間で展示されている
「美術館の絵画」等は空間芸術だという事が出来ます。


『時間芸術』であるためには、少なくとも時間の流れを感じさせないといけません。
例えば、常に一定のリズムや間隔で刻まれている時計の音に
時間を感じるのは、回数を数えたりしないとなかなか難しいものです。
つまり「単調」なのです。

単調である事に時間の変化を感じにくいので、
テンポ(曲のスピード)を変える事で時間の変化を感じるのだと思います。



そこで、まず最初は曲のテンポ(スピード)がだんだん速くなっていく、
音楽用語で言えば「accelerando」(だんだん速く、のイタリア語)の例を載せます。

accel.(略語表記)だけ単独で使われる例はなかなか見あたりませんが、
強いて言えばこんな感じです。
これも、その前はrit.(ritardando、だんだん遅く)と組み合わせられていますが、
この部分だけ聴くとaccel.しています。

曲は、有名な「美女と野獣 Beauty and the Beast」の”Be Our guest”です。
長い動画なので、3分30秒あたり、あるいはちょっと前から見て下さい。





この曲はよねよねが本当に大好きでしょうがなくて、
解説を書くために見ていたはずなのに、楽しんで見てしまい、
何度も繰り返してみる羽目になりました

どうですか、だんだんテンポアップして盛り上がる様子が分かったでしょ

ホントに洒落ていますよね~~~

この部分の直前は大幅にrit.されていて、
こう言った使い方は割と古典的なブロードウェー・ミュージカルでしょっちゅう登場します。

次に、だんだん遅くなる例です。
これは曲の終わりにたくさん登場しますので、サンプルの動画を貼ります。
何人かの方から「ボリュームが小さくて聞こえない」と言うご指摘がありましたので、
大きくしてみました。

まだ小さいようでしたら教えて下さいね。
これ以前の動画については、ノートPCをお使いの方、
ヘッドフォンで聴いて下さるか、外部スピーカーを使ってみて下さい



最初は何度も登場する「レ・ミゼラブル」の”オン・マイ・オウン”最後の部分です。

次は、ディズニー映画の「ポカホンタス」から”カラーズ・オブ・ザ・ウィンド Colors of the Wind”のサビの部分です。

3番目は、「ミス・サイゴン Miss Saigon」から”命をあげよう I'd give my Life for You”の最後の部分です。






こうやってテンポを変化させる事によって、時間の流れを感じる事が出来ます。
これは歌における表現の中でも非常に大事な要素です。

ピアノを弾きながら歌っていますので、
ちょっと音程が怪しいところは目をつぶって下さいね


お問い合わせ、レッスン、トライアルレッスン、体験レッスンは
atn@atn-jp.com にお願いします。

ブログでも同じ事を解説しています。 
http://atn-jp.com からお入り下さい。

次回は細かくテンポを揺らす方法について解説します

5月27日(木) 動画の音声部分を遅い回線でご覧の方のためにmp3ファイルでアップしました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。